自分のコンプレックスを上手く吐きだせない

誰しも大なり小なりコンプレックスを持っています。この世の中に完璧な人間などいないですから、何かしら自分のコンプレックスに悩み、苦しむことが人生において必ず起こります。

コンプレックスにも種類があり、なんとか努力でカバーできるものであれば、努力しますが、先天的なコンプレックスは努力ではどうしようもないです。

そのコンプレックスをまずは受け入れて、前向きに考える他に方法はないのです。私の場合、コンプレックスの塊で何をどう解決して良いのかわからないまま、大人になり、大人になってからもコンプレックスやコンプレックスにより生じたトラウマから抜け出せずにいます。

私の場合は、コンプレックスは病気や障害なので、なかなか簡単に周りへ悩みや苦しみを吐きだすことが出来ないです。それらを言うことで離れて行く人間がこれまでにたくさんいたからです。

そうなると、言わない方が良いなとなるわけです。どんなに仲良くなってからでも、私のコンプレックスである先天的な病気や障害を話すと、一歩引かれるか、完全に離れて行くかのどちらかが多いです。世の中には、私と同じような悩みや苦しみを持っていても、カミングアウトして、それを糧に強く生きている人がいます。

自分のコンプレックスを上手く吐き出すことで、逆に人生を豊かにしている人がいるのも事実です。それが出来れば良いのですが、言葉で表現することがとても苦手なので、なかなか上手く吐き出せないのです。

 

文章であれば上手く書けます。

 

しかし、内容が内容だけに、文章だと余計に重たい内容になってしまいます。出来れば、対面で軽く吐き出せると良いのですが、これまでの結果は、上手く行っていないです。私は変化したいのです。

 

進化したいのです。その為には、自分の長所や短所の両方を受け入れる必要があるのです。見た目では理解してもらえないコンプレックスなので、どうして出来ないのかなどと言われてしまうと凄く落ち込むのです。なんとか自分のコンプレックスを上手く吐き出して、プラスに転換し、自分の人生を豊かにしたいです。