老けているって…目のクマが悩みです。

最近目のくまがひどくなってきていることに困っています。なんか友達にも『その目のクマひどい!いとうあさこみたいで老けてる!』って言われて、それをどうにかしようといろいろ調べてみました。

目の下には時々クマができてしまうものです。目のクマには3種類あって、色で分かれています。
茶グマ、青グマ、黒グマの3種類です。それぞれ原因が違ってきますが、見た目が悪いというところでは共通しています。見た感じで疲れているように見えたり、げっそりしていたりして決して良いことではありません。

茶グマは色素沈着が原因で起こります。色素沈着で起きることが多くて、マスカラやアイライナーがきちんと落としきれていない時にも起こります。目をこすったりして色素沈着が起きたりすることもあります。茶グマを改善するには美白化粧品を使うことです。ビタミンC誘導体などが入っているアイクリームを使ったりするといいです。ハイドロキノンを使うことも効果があります。

青グマは目の周りの毛細血管が滞って、薄い目の周りの皮膚を通してそれが透けて見えるために起こります。原因としては、パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れていたり、ホルモンのバランスの乱れが考えられます。マッサージをしたり、ホッとアイマスクなどで目元を温めたりして血行をよくすることが大事です。血行を促進するために、入浴したりすることもいいことです。

あまり目をこすったり、マッサージのしすぎをすると茶グマになってしまいますので、注意がひつようです。

黒クマは目の周りが窪んでしまって黒く見えることが原因の一つだと言えます。生まれつき目の下に脂肪が少なくて窪んでいる人もいれば、加齢で目元が窪んでしまうことがあります。

目袋ができてしまって、その影が黒く見えることがあるのです。より老けて見られるみたいです。

ちょっと調べてみたらこんな種類があったなんて驚きです。やっぱり早めに解消したいとおもっているのでクマに効くクリームを見つけて老け顔から卒業しなきゃね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です